ドゥーパ


ドゥーパ2006年12月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年10月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年12月号に掲載になりました



メールはこちらから

RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM

<<<厳選リンク>>>



屋外用LED照明専門店 LED-Style.jp

着るだけダイエット下着「Shatobu(シェイトブ)」

家庭菜園での有機無農薬栽培の方法

ダッチオーブン・アウトドア料理の楽しみ

親子でやろう、自分でできる視力回復法

格安LED照明はこちら

安い、頑丈、自由!木製物置の作り方

DIYなら激安!、自作ガーデンハウスのすすめ!!

高齢者の交通事故を防止する安全運転ガイド








お子さんの視力が心配な方
目の悪い方だけご覧ください
↓↓↓

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)
CD-R&完成品トレーニングキット版





インセクトシールド 虫よけ商品

インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ>
インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド 虫よけメッシュクロス>
インセクトシールド 虫よけメッシュクロス

インセクトシールド 虫よけソックス
インセクトシールド 虫よけソックス

インセクトシールド 虫よけバンダナ
インセクトシールド 虫よけバンダナ

インセクトシールド 虫よけアームカバー
インセクトシールド 虫よけアームカバー



即席石窯製作マニュアル

デル株式会社

トピック


有機無農薬栽培に挑戦、家庭菜園日記

稲葉家の家庭菜園での有機肥料

種まきや苗の植え付けの2~3週間前に、 肥料や石灰を土に混ぜてなじませる必要があります。そうしないと、作物の根を傷めることがありますので、毎年、 事前に作業する習慣を付けましょう!


さて、我が家の家庭菜園で使用する肥料は、下記の通りです。

・自家製堆肥(前年の作物の枯れた部分を土と混ぜて分解したもの)

・有機配合肥料

・発酵鶏ふん

・発酵牛ふん

・有機石灰

堆肥

毎年秋、畑の片隅に、収穫が終了した作物の枝葉などを、積上げます。
この時、畑の土を間にかけながら積上げるのがポイントです。

さらに我が家では、芝刈り時の刈り取った芝も堆肥にしています。

土の中には、枯れた枝葉を早く分解してくれるバクテリアがたくさんいるからです。

堆肥

春になると、1/3くらいの高さにまで縮んでかなり分解されています。

完熟とまではいかなく、まだまだ、分解されていないものがありますが、後から土の中で分解してもらうことにし、 剣先スコップで畑全体にばら撒きます。

堆肥

量としては全然足りないのですが、均一に撒きます。

堆肥には、チッソ・リンサン・ カリの3つの成分が比較的バランスよく含まれており、有機栽培の元肥に最適です。

有機石灰

次に酸性になりがちな土を中和するために毎年、石灰を撒きます。
我が家では、ホタテの貝殻から作られた、有機石灰を使用しています。

有機栽培なので、石灰にもこだわっています。工業的な石灰よりは、自然で良いと思います。

有機石灰を散布

石灰は重たいので、バケツに入れて、大体均一になるように撒きます。

撒く量は、石灰の袋に平米当たりのグラム数が載っていますので、畑の面積を掛けて、畑全体に必要な量を出して、 それを畑に撒くようにします。

有機配合肥料

自家製の堆肥では、絶対量が足りないので、有機配合肥料をメインに使っています。これは、バランスよく3つの成分が配合されていて重宝します。

発酵鶏ふん

鶏ふんには、チッソとリンサンが豊富で、実もの野菜に効果的です。

植え付け前には、実もの野菜を植える辺りに多めに散布します。

実もの野菜の追肥にも使います。

良く発酵した完熟のものでないと、根を傷めるので良いものを選びましょう。

発酵牛ふん

牛ふんも実もの野菜に効果的です。鶏ふんより効果が弱いですが、 根が肥料で傷みやすいカブなどに向いています。

 

有機肥料を散布

週末しか時間のないビジネスマンでも挫折しないように、完璧を目指さず、手間をかけないで、 楽をしてそれなりの有機栽培を行うのが我が家のモットーなので、大雑把にそれぞれの肥料を撒きます。

有機肥料を散布

30分くらいで、各種の肥料を散布終了!

この後、小型の耕運機で、混ぜ込みます。

 <<< 前に戻る  ←  このページ  →  続きを読む >>> 



>>>トップページに戻る<<<