ドゥーパ


ドゥーパ2006年12月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年10月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年12月号に掲載になりました



メールはこちらから

RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM

<<<厳選リンク>>>



屋外用LED照明専門店 LED-Style.jp

着るだけダイエット下着「Shatobu(シェイトブ)」

家庭菜園での有機無農薬栽培の方法

ダッチオーブン・アウトドア料理の楽しみ

親子でやろう、自分でできる視力回復法

格安LED照明はこちら

安い、頑丈、自由!木製物置の作り方

DIYなら激安!、自作ガーデンハウスのすすめ!!

高齢者の交通事故を防止する安全運転ガイド








お子さんの視力が心配な方
目の悪い方だけご覧ください
↓↓↓

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)
CD-R&完成品トレーニングキット版





インセクトシールド 虫よけ商品

インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ
インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド 虫よけメッシュクロス
インセクトシールド 虫よけメッシュクロス

インセクトシールド 虫よけソックス
インセクトシールド 虫よけソックス

インセクトシールド 虫よけバンダナ
インセクトシールド 虫よけバンダナ

インセクトシールド 虫よけアームカバー
インセクトシールド 虫よけアームカバー

インセクトシールド 帽子用虫よけネット
インセクトシールド 帽子用虫よけネット



即席石窯製作マニュアル

デル株式会社

トピック


花壇を枕木でおしゃれにイメチェン編 1 「はじめは、黒土を置いただけの花壇だった」

庭の整備も終盤を迎えてきました。

今までは、資材を置くことが多くて、なかなか空けられなかった道路に面した部分を妻の提案で、 花壇にすることにしました。

業者に依頼し、良質の黒土を運んでもらいました。
だいたい、広げて30cmくらいの深さになる量を注文しました。

これを、下の写真のように均すのは、なかなかの重労働でした。
土は、結構重いんです。

できれば、ダンプの運転手になるべく均等に落としてもらうよう依頼した方が得策です。

汗だくになって、やっと均し終わりました。

ここに通販で安く購入したチューリップの球根を400個植えました。
翌年の春に芽を出すことでしょう。

 

花壇を枕木でおしゃれにイメチェン編 2 「400本のチューリップが咲いた」

通販で超格安だったので芽が出るか心配していましたが、翌年には、多くの球根から芽が出て、いろいろな花を咲かせました。

安かった割には、変わった色のものもあって、満足でした。

このチューリップは、その後毎年同じように咲き続けています。

チューリップが散る頃に芽を出すような、一年草の花の種をまいたり、花の苗を買ってきて植えたり、 チューリップがなくなっても寂しくないようにしています。

反対側から見た景色です。

やはり、土を盛っただけの花壇では殺風景です。
近所を参考に花壇をおしゃれにしたいと思いました。

写真中央少し上に生えているのは、ラズベリーの苗です。

会社の先輩の家から分けていただきました。

ラズベリーは、地下でどんどん根が広がり、いたるところから芽を出すようになるので、 増えすぎて困っているとのことでした。

なるべく、他の植物から離した方がいいということと、周囲に芽が出たら、すぐに摘み取ることが必要です。もしくは、 根が広がらないように、コンクリートや腐食しづらい波板のようなもので、地下60cmくらいまでを円状に囲むのが良いとのことでした。

でも、このラズベリーは、超オススメです。

通常手に入りにくいケーキなどの高級食材であることと、丈夫で、手入れ不要、どんどん増えてくれること、大量に実がなること、 実がおいしくて、ジャムにするとまた格別なんです!

赤い実が鈴なりになっている様は、きれいですよ!

この翌年以降、順次花壇の整備をやっていきます。

花壇を枕木でおしゃれにイメチェン編 3 「枕木を使うとこんなに変身」

さて、枕木を20本くらい購入しました。

製作途中の写真がなくて申し訳ありませんが、 前後2つに花壇を分けるようにして枕木で周囲を囲み、一番後ろには、 ランダムな長さに切った枕木を1/3程土の中に埋めて立たせました。

ガーデンショップで見つけた、木の車輪をアクセサリーとして立ててみました。

斜めから見るとこんな感じです。

ちなみに、枕木を切るには、チェーンソーが必要です。
滅多に使わない私は、6000円くらいで購入した電動のものを使っています。それで充分だと思います。結構サクサク切れますよ!

電動のチェーンソーの弱点は、電気のないところでは使えないことと、 馬力が少ないことだと思います。ブレードも短いです。

近くの川原には、大きな流木もあって切り出して持って来たいと思うのですが、使えません。

反対側から見た景色です。

芝生と枕木は、合うなぁと思います。

今回の製作時間は、5時間くらいだったでしょうか。
枕木とチェーンソーと剣先スコップがあれば手軽にできますよ!

ちなみに、南向きのウッドテラスは、家からの照り返しもあり、かなり熱くなります。そこで、 通販カタログに載っていた日よけを購入しました。布の部分がたためるようになっていて重宝しています。

雨の日でも、濡れません。


>>>トップページに戻る<<<