ドゥーパ


ドゥーパ2006年12月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年10月号に掲載になりました

ドゥーパ2007年12月号に掲載になりました



メールはこちらから

RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM

<<<厳選リンク>>>



屋外用LED照明専門店 LED-Style.jp

着るだけダイエット下着「Shatobu(シェイトブ)」

家庭菜園での有機無農薬栽培の方法

ダッチオーブン・アウトドア料理の楽しみ

親子でやろう、自分でできる視力回復法

格安LED照明はこちら

安い、頑丈、自由!木製物置の作り方

DIYなら激安!、自作ガーデンハウスのすすめ!!

高齢者の交通事故を防止する安全運転ガイド








お子さんの視力が心配な方
目の悪い方だけご覧ください
↓↓↓

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)
CD-R&完成品トレーニングキット版





インセクトシールド 虫よけ商品

インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド 虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパーカー

インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ
インセクトシールド 虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ
インセクトシールド プレミアム虫よけメッシュパンツ

インセクトシールド 虫よけメッシュクロス
インセクトシールド 虫よけメッシュクロス

インセクトシールド 虫よけソックス
インセクトシールド 虫よけソックス

インセクトシールド 虫よけバンダナ
インセクトシールド 虫よけバンダナ

インセクトシールド 虫よけアームカバー
インセクトシールド 虫よけアームカバー

インセクトシールド 帽子用虫よけネット
インセクトシールド 帽子用虫よけネット



即席石窯製作マニュアル

デル株式会社

トピック


ヤマメ飼育に挑戦すべく濾過装置を購入

既存のエアーポンプ

昨日から飼育をはじめたヤマメとアメマスですが、魚の飼育に詳しい会社のスタッフに聞いたところ、渓流魚は、 かなり水質がきれいでないとまずいとのこと。

見てみると、水槽にセットされていたエアーポンプのフィルターだけでは浄化できずあっという間にフンだらけになってしまっていました。

濾過装置

そこで、こうなったら「とことんやってやるぞ」という気持ちで、市内のホームセンター「ホーマック スーパーデポ」 に行って必用な機材、資材を購入してきました。

まずは、これ、外掛け用の濾過装置です。
価格は、1880円。意外と安くて良かったです。
サイズがM・Lとありましたが、能力が高いに越したことがないそうなので大きい方を購入しました。

濾過装置

参考のために裏面を掲載しておきます。

この濾過装置の特徴は、濾過槽が大きくいくつかのろ材を入れることができる点のようです。しかも本格的な他の装置よりは、 かなり安かったです。

濾過装置用のアンモニア吸着ろ材

今回、濾過槽に入れるろ材を2つ買いました。

ひとつは、アンモニア類を吸着除去してくれるろ材です。
ネットの情報によると、ヤマメは、アンモニアなどにも弱いので除去する必要があるとのことでした。

濾過装置用のバクテリア繁殖ろ材

もうひとつは、水の汚れをバクテリアに分解してもらうために、バクテリアの棲み家となるろ材を入れることにしました。

濾過装置用の濾過フィルター

濾過装置専用のろ過フィルターは、初回分だけ装置に付いてきました。

水取替え不要のバクテリア液

さらに、長期間水質を保持してくれるバクテリアの液も購入し、水槽に入れました。

カルキ抜き液

毎回、近所の川から水を汲んでくるのも大変なので水道水をすぐに使えるカルキ抜きの液も買ってきました。

濾過装置用の濾過フィルターを設置

装置内にろ過フィルターを入れます。

濾過装置用のろ材を入れる

ちょっと窮屈ですが、2種類のろ材を濾過槽に入れます。

濾過装置設置完了

呼び水を装置内に入れて運転開始!

吸い込み口

左上の吸い込み口から水がくみ上げられてます。

黒いスポンジ状のものは、小石などを吸い上げてポンプを傷めないようにするフィルターです。

元々この水槽は、阿寒湖で捕ってきたウチダザリガニ2匹を飼育していたものでした。彼らも環境の変化に戸惑い気味です。

濾過装置

吸い上げられた水は、ろ過されて手前に流れ落ちます。

濾過装置

滝のようになっていて、ヤマメには嬉しいのではないでしょうか。

濾過装置

流れ落ちてくると空気もたくさん取り込まれます。

水槽全体

小さい水槽に入れすぎのような気がします。

魚が弱ってきたら、早めに逃がしてあげようと思います。

 

 <<< 前に戻る  ←  このページ  →  続きを読む >>> 



>>>トップページに戻る<<<